着物で華麗に変身

お見合い大作戦

清楚で可憐

着物でお見合い大作戦という言葉がぴったりなくらい、実はお見合いに着物を着ていくと相手男性やその親族に良い印象を持たれるというのは案外知られていません。そもそもお見合いというのはかなり格式高いホテルや料亭などでとり行われる場合も多いですし、そうした場所には場所とお見合いという場に合うよう振り袖を着るのが一般的です。着物を着ると何が良いかという点ですが、やはり清楚で可憐という印象を持ってもらえる点が最大のメリットと言えます。

着物は日本の伝統的な服装ですから、日本的な女性だと思われるのは当然です。女性は三歩下がって男性の後をついてくるようなおしとやかな大和撫子、このように思う男性も少なくはありません。また振り袖は可愛らしく鮮やかな柄の物が多いですから、年齢より若く見えて清楚な印象を持たれることもあります。また所作の変化も重要なポイントです。どうしても歩幅が小さくなりますし、手や足を大きく動かしにくい服装ですから、移動する時は前後を確認したり、袖が汚れないように配慮するなどの気遣いが必要です。

ただ素敵だという印象を与えるだけでなく、所作から実際に気配りも出来て、女性らしいしなやかな動きを見せることも出来るのです。こうした印象を与えるためにはドレスやワンピースなどでは難しく、着物だからこそ実現できることだと言えます。最近ではお見合いの形も変化しつつあり、ホテルや料亭などで行われるという一般的なスタイルとはまた違う方法で行われている場合があります。お見合いをする両者に両親と仲人が加わり、ある程度談笑したところでお見合いをする2人だけにするという流れが一般的でしたが、最初から2人だけでお見合いをするというスタイルも増えつつあります。

この様なお見合いの形式ならば振袖だとやや浮いてしまう可能性もあるので小紋や訪問着などを選ぶと場に馴染みやすいと言えます。もちろん小紋や訪問着でも女性らしさを引きだせるので全く問題はありません。お見合いにおいて好印象を与えるのに大きな手助けをしてくれる着物ですから、もしお見合いの日取りが決まったら1~2週間前から着つけてもらい、その着心地や動きに慣れておくことをおすすめします。慣れない服での食事や移動をすると、怪我をしたりぎこちない動作になってしまうこともあります。自分をより魅力的に見せるためにも練習を重ねて、本番では清楚で可憐なじょせいというアピールが出来るよう準備を整えておくと良いでしょう。

Copyright©2013 着物で華麗に変身 All rights reserved.