着物で華麗に変身

お見合い大作戦

着物買取の人気と関東衿と関西衿の違い

現代では着物を常に着用して生活しているという人は、洋服がまだ普及していなかった昔とは比べものにならないくらい少なくなっているのは確かなのですが、それでも友人の結婚式やパーティーなどのここぞという時には着物を着たいという人が、若い世代の女性を中心に、少し前よりは増えてきています。

それは古臭いもののように思われがちだった着物が、今の時代ではむしろ新鮮な印象を持たれるようになったことや、古い着物にアレンジやリメイクを施すことにより、新しいファッションに変えるというやり方が広がってきたことなどが理由として考えられます。

そういった若い人たちにとっては、新品の着物は価格が高いので入手することが難しいため中古品を買いたいという人も多く、そういった人たちの間で着物買取業者の人気が高くなっています。

着物買取は文字通り不要な着物を買い取って、それを別の人に売ることを商売としているものなのですが、着物買取業者ではそれ以外の商品を手広く買い取っている業者と比較して、適正な価格を査定できるためより高い買取価格が付けてもらえるという点で、品質の良い着物が集まりやすいという特徴があります。そのため着物買取業者を利用すれば、品質の良い着物が手の届きやすい中古価格で買えるというわけです。

着物買取では業者によっては着物本体だけでなく付随する小物なども買い取ってもらえ、着物の中に着る襦袢に関してはなかなか買取は難しいものの、品質によっては買い取ってもらえる場合があります。襦袢にも下着のような存在である肌襦袢や、着物の下に着るのが主な使用法であっても、装飾が施されていて部屋着としても使用できる長襦袢などの種類があります。

長襦袢は防寒に役立ったり、着物が透けるのを防いだりする実用品というだけではなく、着物の振りから見えることから、着る人の個性やセンスが表れるものでもあるのです。

さらに長襦袢にも仕立て方の違いによって、関東衿と関西衿という種類があり、その主な違いは衿の部分に表れています。関西衿は衽の部分があって別衿が付いているもので、衿が合わせやすいことから着崩れしにくく、使い勝手が良いため、どちらかと言うとこちらを好む人が現在では多いようです。

それと違って関東衿は通し衿と呼ばれる衿が裾まで続いていて、関西衿と比べると身幅が必要以上に余ることなくスッキリと着られるので、男性用の襦袢として人気があります。どちらもそれぞれに特徴があるため、できれば自分に合ったものを選んで、着物を自分らしく着こなすことが望ましいと言えるでしょう。

Copyright©2013 着物で華麗に変身 All rights reserved.